CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< カマロン? マカロン! | main | 2008年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
一口スペイン語講座


フラメンコを習っていると、自然にいろいろなスペイン語を覚えることと思います。
manton(マントン=ショール)、abanico(アバニコ=扇子)、peineta(ペイネタ=飾り櫛)など、国内のフラメンコ関係のお店へ買い物に行く時でも、スペイン語を知っていた方が便利ですね。


本場スペインへ行くなら、なおのこと単語は重要です。
それも1ランク上の表現を目指すなら、形容詞がポイントとなります。
去年、生徒さんが旅行でスペインに行く機会があったので、私は緑の生地に緑の刺繍が入ったマントンを買ってきてくれるよう頼みました。
彼女はスペイン語はさっぱりダメなのですが、「manton verde(ヴェルデ=緑」という言い回しだけは必死に覚えていきました。


スペイン語の形容詞は、名詞の次に来ます。
lasa rosas blancas (白いバラ)
el gato gordo (太ったオス猫)
英語で、「something sweet 何か甘いもの」なんていうのと似ていますね。
お店で買い物をするときは、大きい(グランデ)、小さい(ペケーニョ)などの形容詞を知っていると、ぐんと選択肢が広がりますよ!
| - | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:32 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://constancia.jugem.cc/trackback/42
トラックバック